北九州市若松区にて。インターホン交換はDIYでもできそう。でも、電気工事はできない。それ【3HD】にお任せください。

電気工事

インターホンの交換は電気工事士でなくてもできるものもあれば、資格がないとできないものもあります。

何が違うのでしょうか?

北九州市周辺でのインターホンの交換はこちらまで

インターホンの交換 資格が必要な場合

電源電線を本体に直接接続をするかしないかで違ってきます。

もっと簡単に言うと、インターホン本体には電源プラグがついているもの、ないものがあります。

プラグが付いているなら、それをコンセントに挿すことで電源は確保できます。

 

インターホン BEFORE

インターホン BEFORE

インターホン AFTER

インターホン AFTER

ここのインターホンは電源直挿しタイプです。壁の中から電源ケーブルが出ています。

コンセントはありません。つまりこれが資格が必要な場合のもの。

玄関のインターホンの交換はDIYでもできる?

できますよ。ただし、インパクトドライバーが必要な場合もあります。

壁がコンクリートだと、強力なインパクトドライバーがないとビス止めする下穴が開けられなかったり。壁が凸凹で、雨がかかるところだと本体の周りにコーキング剤で防水したほうが良い場合もあります。

玄関のインターホン BEFORE

玄関のインターホン BEFORE

インターホン AFTER

インターホン AFTER

インターホンの交換はスリーエイチ デンキのヒロさんまで

メールでも工事予約受付中です。 ヒロさんへのGmailはこちらをクリック