エアコンが冷えないとき、どうする?ガスチャージで本当に直る?

ルームエアコンガスチャージ

「エアコンが冷えないのでガスチャージを」と八幡東区のお客様にご相談いただきました。

画像のようにパイプに霜がついていますか?

それなら、ガスチャージすれば直ります。

su_button url=”tel:08045786996″ background=”#9bed1a” color=”#1b1515″ size=”6″ wide=”yes” center=”yes” icon=”icon: phone” icon_color=”#ffffff” desc=”ここをタップ”]今すぐ電話する[/su_button]

エアコン室外機パイプ付け根に霜、チャージすれば直る

霜がつくということはコンプレッサーは生きているということ。

ただ、ガスが不足しているので、室内機までガスが届かないのです。それで、パイプの付け根だけがひえることに。

それでもチャージすれば直ります。

温度を比較してみました。

ガスチャージで吹出口からは27.8℃の風が18.2℃に
こんなふうにして吹出口にセンサーを、そして、もう一つの温度計を吸込口に設置します。

どこまで冷えればエアコンは直ったと言えるのか?

エアコンの冷房は基本10℃の温度を下げる装置だと思ってください。

なので、ガスはゆっくりチャージしながら、温度変化を観察しながら行います。

おおよそ、吹出口と吸込口の差が10℃になるまで行います。

コレは必ずしも、吹出口が20℃以下になるとは限りません。

部屋の温度が35度だと吹出口温度が25℃になれば、エアコンの機能を果たしていると判断します。

古いエアコンもガスチャージできます

このエアコンは12年ものでした。

お客様に

  • エアコンの耐用年数は10年であること。
  • 耐用年数を過ぎたエアコンはガスチャージしても、また漏れる恐れがあること。
  • 別の部品が壊れて使えなくなってしまう恐れもあること。

こうしたことをお伝えして、了解をとってガスチャージします。

エアコンのガスチャージはスリーエイチ デンキへ

 

 

su_button url=”tel:08045786996″ background=”#9bed1a” color=”#1b1515″ size=”6″ wide=”yes” center=”yes” icon=”icon: phone” icon_color=”#ffffff” desc=”ここをタップ”]今すぐ電話する[/su_button]