北九州でエアコンのガスチャージ、補充の修理と料金表はこちら 室外機ガス漏れの動画あり

ルームエアコンガスチャージ

こんにちはヒロさんです。

今日は北九州市二島にてエアコン取り付けおよびガスチャージを行いました。

「え、どうしてガスチャージが必要?」と思うでしょう。

それは、素人の人にエアコン取り外し頼んだらこういうことになるかもしれないと覚えておいてね。

基本、ちゃんと工事すればガス不足は起きないのです。

今日のポイント

  1. 壁に穴あけとエアコン取り付け
  2. エアコン取り外しはプロに任せよう
  3. エアコンのガスチャージの料金は?
  4. エアコンからガスが抜ける原因とは?

 

壁に穴あけとエアコン取り付け

長く住んでいるおうちですが、二階にはエアコンを取り付けたことがないそうです。エアコン用コンセントはついていますが、壁に穴は空いていません。穴あけから始めます。

幸い、筋交い(建物を補強するための壁の中の垂木、一般的に斜めに入っている。)は入っていなくて、真っ直ぐに孔を開けることができました。

壁の穴を開けたあとはスリーブを入れておく 若松区エアコン工事

壁の穴を開けたあとはスリーブを入れておく 若松区エアコン工事

エアコンの室外機は簡易ベランダに設置

このベランダはおそらく植物の鉢植えを置くためのものかもしれません。

しかし、エアコン室外機を置くだけの強度もあるようです。

 

エアコン取り外しはプロに任せよう

エアコンの室内機と室外機をパイプで繋いでガス圧を測ってみます

この季節だと0.7Mpa(メガパスカル)くらいはないと正常に冷えません。

実際に計測した数値は0.1Mpaでした。

お客様にお尋ねしました。

どなたに取り外し頼まれましたか?

ご主人さんのお客様:運送屋さんです。「ちょっとだけガスが抜けたかも」といっていました。

いやいや、「ちょっとだけ」どころではなくて、「ほとんど」ぬけていますよ。

ということで、ガスチャージ確定です。

 

 

エアコンガスの圧力が0.1から1Mpaに。

エアコンガスの圧力が0.1から1Mpaに。

 

エアコンを試運転すると冷たい風が復活しました。

エアコンの設定温度が18度のところ、温度計で室内機吹き出しの風を測ると16度。

これで正常運転確認できました。

エアコンのガスチャージの料金は?

エアコンガスチャージ Rー410,32 1.5万円程度
真空引きおよびガスチャージ 2万円程度

*ガスチャージする前にガス漏れの原因を特定し、再び漏れないようにします。

 

エアコンのガス補充は【3HD】ヒロさんまで。

エアコンガスの不足を見分ける方法

  1. 一番わかり易いのは、室外機パイプに霜がついていること。
  2. 室内機吹き出し口からの風が20度以下にならない。
  3. 室外機のファンが回っている。

 

室外機パイプに霜がついていること。

サイクル内に十分のガスがないと、冷媒ガスが循環できなくて冷熱の偏りができます。

それが、コンプレッサーから出ようとしたガスが出口だけを冷やして、霜となるわけです。

エアコンガスが不足している時は白い霜がパイプに付着 八幡西区にて

エアコンガスが不足している時は白い霜がパイプに付着 八幡西区にて

室内機吹き出し口からの風が20度以下にならない。

ガスが不足していると、20度までなら冷えるけど、それ以上冷えないということがあります。もちろん設定温度を最低の18度や17度にしていてもという条件です。

これはある程度ガスが残っていますが、最大限の能力が出ていないということです。

この場合も、ガスを補充すれば20度の壁をぶち壊して😡くれます。

エアコンガスチャージによる修理 中間市にて

エアコンガスチャージによる修理 中間市にて

室外機のファンが回っている。

エアコンが冷えないのは大きく分けて2つの理由があります。

  1. ガス不足あるいはガスがない。
  2. もう一つは基板が壊れている。

ガス不足の場合はガスを補充すればまた冷えるようになります。

このとき注目してほしいのは室外機のファンが回っているかということ。

ファンが回っている=基板は壊れていない。+パイプに霜が付着→ ガス補充で修理可能

冷房か暖房運転にしてもファンが回らない、あるいはすぐに止まる=基板の故障

 

しかし、基板が壊れていたら基板を交換しなければなりません。

これはヒロさんとこではやっていません。

エアコンからガスが抜ける原因とは?

  1. 上の例のように、外したのが知識や経験、ツールなしの素人の方が取り外してしまった。
  2. バルブゴムの経年劣化。

主に以上の理由が考えられます。

 

エアコンバルブゴムの経年劣化とは?動画あり

エアコンのサイクル内で唯一弱い部分があります。それは、バルブゴムの部分です。

このバルブは室外機のコンプレッサーにつながっており、冷媒ガスのサイクル内への放出のためにあります。

エアコン室外機が製造された時はこのバルブを締めて、ガスがコンプレッサー及び室外機のサイクル内に封入された状態になります。

エアコンを取り付ける職人さんがパイプを取り付けるとそのバルブを開けて室内機にもガスが通るようになるのです。

しかし、このバルブに使われているのはゴムなのでそれが劣化すると縮んでガスが漏れるということになります。

エアコン室外機バルブゴムの経年劣化 八幡西区にて

エアコン室外機バルブゴムの経年劣化 八幡西区にて

 

しかしながら、このバルブはナットで締めてあります。それは、ガス漏れ防止にもなっています。この袋ナットが固く締めてあれば、ガス漏れを防ぐことができます。

つまり、バルブ部分からガスが漏れたということは、袋ナットが固く締められていなかった、それはつまり、工事の手落ちということになります。

バルブからのエアコンガス漏れ 北九州市八幡西区にて

バルブからのエアコンガス漏れ 北九州市八幡西区にて

今回ガス不足と診断したエアコンはまさにこのタイプでした。

 

エアコンのガスチャージは【3HD】ヒロさんまで。

ヒロさんへのGmailはこちらをクリック