北九州市若松区青葉台にて。噂の屋内デザインアンテナ工事 

アンテナ工事

若いご主人さんから【3HD】ヒロさんにサイト経由で電話があり、新築の戸建にアンテナを付けたいというご要望です。しかも、アンテナは家の外部にではなく、家の中にということでした。

電波の受信状態を調査し、十分な受信レベルを得られるようであれば、屋根裏や屋内にアンテナを設置することも可能です。

アンテナ工事はスリーエイチ デンキの【3HD】ヒロさんへ

室内でも地デジ電波が受信できるところと出来ないところがある。

では、早速アンテナ本体を使って受信状態を調べます。

当初、お客様がアンテナを取り付けたいと思われた場所は、家の中央部でした。そこにブースター及び分配器が設置してあります。しかし、そこは障害物が多く、レベルチェッカーで電波を測定しても、とても理想的な受信状態とは言えないものでした。

お風呂場横の小さな部屋にあるブースターターミナル

お風呂場横の小さな部屋にあるブースターターミナル

 

では、どこに設置するか?

ということで、電波受信方向側(この家から皿倉山は北東側)の部屋にアンテナを持ってくると、受信状態は大変良好だということがわかりました。

家の中央ではなく端で測定したら良好な地デジ電波を受信

家の中央ではなく端で測定したら良好な地デジ電波を受信

家の端っこの部屋にアンテナを取り付け、配線はじゃどうするの?

この部屋の壁にアンテナを取り付けることになりました。

では、配線はどうする?

屋根裏に通すのであれば、天井に穴をあけるか?

それとも、ブースターまでモールで露出配線か?

いや、それよりもっといい方法がある。

部屋のテレビ接続用アンテナ接栓を利用しよう。逆転の発想

幸いこちらの部屋ではテレビを使う予定はないそうです。

このテレビ接続用アンテナ接栓を流用することにしました。

この接栓は壁の中をケーブルで先程のブースターターミナルまでつながっています。つまり、各部屋へ分配されているケーブルの一つをアンテナからの主幹として利用することになります。

 

アンテナからのケーブルをコンセントにつなぎ、ブースターターミナルまで信号を送る

アンテナからのケーブルをコンセントにつなぎ、ブースターターミナルまで信号を送る

 

 

家の中にデザインアンテナを設置し、部屋のアンテナ線コンセントから信号をターミナルまで送る逆転の発想

家の中にデザインアンテナを設置し、部屋のアンテナ線コンセントから信号をターミナルまで送る逆転の発想

あとはブースターターミナルの配線をつなぎ替え

今どきの新築一戸建ては本当にたくさんの分配があります。そのうちの一つが先程の部屋のアンテナから信号を送っているケーブルです。

そのケーブルを特定し、つなぎ替えます。

各部屋で電波レベルに異常がないことを確認してお引渡しです。

チャンネル30:レベル74.3 MER(電波の質)26.9 で良好

チャンネル30:レベル74.3 MER(電波の質)26.9 で良好

チャンネル27:レベル77.3 MER(電波の質)27.8 で良好

チャンネル27:レベル77.3 MER(電波の質)27.8 で良好

他のチャンネルも概ね良好です。

アンテナ設置料金

アンテナ本体、ブースター、設置料金 合計45000円となりました。

このように部屋の中、天井裏にも測定結果によってはアンテナ設置も可能ですので、【3HD】ヒロさんにお尋ねください。

メールでも工事予約受付中です。 ヒロさんへのGmailはこちらをクリック