小倉北区でのマンション用アンテナ交換工事。「老朽化したアンテナを撤去しないと」と危機感を抱いているあなたへ。

デラックスアンテナ製のボックス型地デジアンテナ
デラックスアンテナ製のボックス型地デジアンテナ
アンテナ工事

小倉北区の泉台マンションで、老朽化した「マンション共聴用八木型アンテナ」を撤去し「ボックス型の地デジアンテナ」を取り付けたときのブログです。さらに、「電柱上の高架ケーブル撤去工事」も行いました。

老朽化した八木アンテナの撤去 小倉北区

老朽化した八木アンテナの撤去 小倉北区

管理組合の方から連絡をいただき、八木アンテナが老朽化し、パーツがポロポロ落下するようになったそうです。

実はこちら「ビル影電波対策」のマンション。

近隣の数件のお宅にケーブルを配線し、マンションのアンテナから信号を送っていました。

しかし、今では地デジ方式となり、電場の信号が強くなったため、ビル影の影響がなくなり、各お宅でアンテナを立てたのでした。

よって、電柱上の同軸ケーブルは不要になったということです。

老朽化したアンテナ交換はお早めに。車にでも落下するとオオゴトですから。

デラックスアンテナ製のボックス型地デジアンテナ

デラックスアンテナ製のボックス型地デジアンテナ

モダンなタイプの地デジアンテナ

今ではこのようなボックス型のアンテナを使うことがあります。デラックスアンテナ製です。

これは共聴用アンテナといってマンションやアパート用に作られたものです。家庭用のとは違います。

何が違うか?というとデラックスアンテナのカタログによると耐久性だそうです。

アンテナの近くにブースター用のウォールボックスを取り付け

アンテナの近くにブースター用のウォールボックスを取り付け

同軸ケーブルは給水管を利用して、PF管収めで配線します。

それをコンクリートに細い穴をドリルで開けて、ターミナル部へ配線します。

 

マンション用ブースター電源部 日本アンテナ製

マンション用ブースター電源部 日本アンテナ製

電柱上の同軸ケーブル全撤去

かなりな量になりました。不要な高架物は撤去しなければ経年変化により落下の危険があります。

使わなくなったアンテナ引き込み線ボックス部もきれいに修繕

防水がされていなかったのか?壁の中のスチール製ボックスが錆だらけです。

 

なんとか壁にも小さな穴を開けてプレートの固定。周りにはコーキングで今度こそ防水加工。

 

マンションの管理組合の方でアンテナ、電気工事お困りでしたら、スリーエイチ デンキへ

メールでも工事予約受付中です。 ヒロさんへのGmailはこちらをクリック